二重になるのはとっても簡単です|大きなお目々を実現

まぶたを美しくする手術

目元

バリエーションが豊富

美容外科での二重整形術では、様々な形の二重まぶたにすることができます。たとえば、まつげから二重の溝までの幅が狭いタイプにすることもできますし、逆に幅が広いタイプにすることも可能なのです。前者の場合、もとの状態からそれほど大きな変化がないため、自然な仕上がりになります。後者の場合は、彫りの深い欧米人の目元のようになります。この他にも、目頭の付近では幅が狭く、目尻に進むにつれて幅が広がっていく末広がりタイプのものもあります。黒目が大きく出るように、まぶたの皮膚を切除しながら二重を形成することも可能です。このように美容外科では、バリエーションの豊富な二重整形術がおこなわれているのです。デザインは、好みに合わせて選ぶこともできますし、医師に元の目の形を考慮した上で選んでもらうこともできます。

体に優しい方法

昨今では二重整形術は、体への負担がより少ない方法でおこなわれるようになっています。糸でまぶたをくぼませる埋没法はもちろん、まぶたにメスを入れる切開法でも、体に優しい方法が選択されるようになっているのです。たとえば術前の麻酔注射では、非常に細い針が使われるようになっていますし、さらに麻酔注射の前にクリーム麻酔がおこなわれることも増えています。これにより、麻酔注射の痛みはほとんど生じなくなっています。縫合に使用する針と糸も、やはり細いものとなっているので、術後の引きつれや異物感が生じにくいです。腫れも少なく、メイクや洗顔も早めに再開できるようになっています。こういった工夫が凝らされていることで、二重整形術を受ける人はさらに増えていくと考えられています。